今でも使えるオルガンサウンド Roland U-220

RS-PCM方式、30ボイス/6パート+1リズム・マルチティンバー、1Uラック・サイズの音源モジュール。128音色。拡張カードSN-U110シリーズを2枚同時使用可能。24桁×2行の液晶を搭載。U-110の改良型で不評であったノイズなどが軽減されている。またU-110では事実上不可能に近かった音色の編集が可能となり、編集結果の本体保存も可能となっている。プリセット音色はU-110に対してSN-U110シリーズからいくつか追加されているが、反面いくつかの音色は削除された。また、拡張カードが同時に2枚しか使用出来なくなった。

ボリュームをそこそこ上げると自身のSNで汚れたサウンドになるのですが。
木管系やオルガンサウンドは今でも数多くのアーティストに使用されている。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

ページ上部へ戻る